貴社のストーリーを映像で伝えましょう

動画広告は目的のユーザーだけに表示でき、実際に視聴されない限り料金も発生しません。関心がない視聴者への広告表示にお金を取られる心配がない、合理的なシステムです。

動画広告の概要

1

広告用の動画を公開する

動画を製作したら、YouTube アカウントを作成してアップロードします。あとは AdWords で YouTube 上のキャンペーンを開始すれば、アップロードした動画が関連する動画の前後や検索結果内に表示されるようになります。

2

広告の掲載先を指定する

ターゲットはスポーツファンでしょうか、音楽ファンでしょうか?年齢、性別、地域、関心分野など、さまざまな方法でのターゲット設定が可能です。

3

予算を設定する

予算を設定して運用を開始し、YouTube アナリティクスで効果を確認しましょう。

理想の顧客をターゲットに指定

18~49 歳のユーザーに対する YouTube のリーチは、アメリカのすべてのケーブル ネットワークを上回ります。10 億人を超える視聴者の中から、年齢、性別、地域、関心分野などさまざまな条件で、理想のユーザー層を抽出することができます。しかも、料金がかかるのは、エンゲージメントが発生した場合のみです。30 秒未満で(それより短い広告の場合は終了前に)広告がスキップされた場合、費用は発生しません。

効果を確認

YouTube が提供しているアナリティクス ツールを通じ、どのようなユーザーが広告を視聴しているか、広告に対してどのように反応しているかを把握できます。1 日の予算を自分で決めることができるので、無理のない金額で運用いただけます。