ブランド認知拡大のため、自転車レースなど関連動画に広告を掲載。サイト流入が約 8 倍、売上も 2 倍に増えました。

出稿していた自転車専門誌の購読者以外への認知拡大を目指し、検索連動型広告やブランドの世界観を表現した動画広告を配信。結果、サイト流入数は 8 倍増を達成。売上も 2 倍増をキープし続けています。

PDF
をダウンロード

rs-flavor image

課題

  • 自転車専門誌での広告展開では購読者以外へ情報を届けられず、ブランド認知拡大が進んでいなかった。

解決策

  • 一定期間ごとにキーワードの効果を見て最適化。またブランドの世界観を表現した True View 広告も配信。

結果

  • AdWords 開始初日にサイト流入数 8 倍を達成。潜在層へのリーチを増やし、売上も 2 倍増をキープし続けている。

本来のターゲットであるユーザーへのリーチができなかった

これまでケーブル TV の CM や雑誌といったオフラインでの広告展開が中心だったカペルミュール。しかし、自転車専門誌だけでは本来のターゲットであるライトユーザーに情報を届けることができず、ブランドの認知拡大ができない状況でした。

検索連動型広告で幅広く訴求。動画は TrueView 広告用にアレンジ

そこで広告効果が測定でき、オンライン ユーザーへ広告を配信できる AdWords の利用を決定。検索連動型広告では、これまでリーチできなかった層にアプローチするためにキーワードを幅広く選定。さらに、オンラインで動画を視聴するユーザーにリーチできる、TrueView 広告も利用。TVCM 用に作成していた動画素材を用い、スキップされる可能性がある 5 秒間で飽きさせない工夫を凝らすなど、TrueView 広告の特徴を踏まえてアレンジしました。

これら広告をクリックした際に表示される Web サイトも、AdWords 開始とともにリニューアル。商品画像やコーディネイトをページ上部に表示し、ブランドの情報をより多くのユーザーに届けるよう工夫しました。

ブランディングに加えて、売上でもオンライン広告が効果を発揮

初日からサイトへの流入が約 8 倍、売上は 2 倍に増加しました。「カペルミュール」というブランド名での指名検索は、前年同月と比較すると、検索ボリュームが 30% 以上増加。TrueView 広告は、約 2 割のユーザーが広告をスキップすることなく動画を視聴。ブランディングの効果を実感しています。またオンライン ショップの売上も好調で、導入以前に比べて 2 倍近くの売上をキープしています。

“自社ブランドに興味を持っているユーザー層が明らかになったことも、 AdWords を採用してプラスになった点です。広告のクリック数や、商品を購入したユーザーの年代や性別を確認したところ、想定していなかったユーザーからのクリック率が高かったのです。今ではこれを販売戦略にもフィードバックしています。”

– 太郎田様 株式会社ウエイブワン